【ジョンレノンも愛したニット】Jamieson’s/フェアアイルニット コーディネート付き解説

アイテム

こんにちは。今回は現存するシェットランドニットブランドで世界最古であるJamieson’sのフェアアイルニットを紹介します。

スポンサーリンク

フェアアイル Vネックニット

こちらが今回紹介するフェアアイルニットです。

黒地にグレーや白のフェアアイル柄が入っています。素材はシェットランドウール。Vネック仕様です。

Jamieson’sのフェアアイルニットはカラフルな色合いのニットが多いですがあえて黒を選びました。

モード感やスタイリッシュさを感じさせる黒という色とウール素材の柔らかさのギャップが面白いと感じ、この色にしてみました。

Vネックなのでタイドアップスタイルも楽しむことができます。

Jamieson’sについて

Jamieson’sは1893年にスコットランドのシェットランド諸島本土の西海岸にある、Sandnessで創業したニットブランドです。

創業から現在まで5代にわたって経営されているこのブランドはフェアアイルニットを世界に広めたブランドといえます。

様々なスターが着用したJamieson’sのニットですが、ジョンレノンが愛していたことでも知られています。

フェアアイル柄

フェアアイル柄。複雑な幾何学模様です。

フェアアイル柄について、このニットを購入したarch市電通りさんのブログの紹介記事を引用させていただきます。

フェア島が属するシェットランド諸島はスコットランド領になったりノルウェイ領になったりした歴史があり、フェアアイル柄はノルディックの影響もある為、様々な模様が施されております。
また、フェア島は、様々な異国文化が流入する地理的環境にあり、各国を象徴する柄や紋章が次々と伝わり定着したと言われています。

様々な柄で構成されたニットは初めてみた時に目を奪われると同時に、なぜ多様な国の伝統的な柄が混在しているのか不思議でした。
しかし、歴史的背景を知り、それがいつしか伝統となった事に感銘を受けました。

Jamison’s / Fair Isle Knit Vest

フェアアイル柄はフェア島の文化と歴史が詰まった柄だったのですね。

また、すでに述べたようにフェアアイル柄はカラフルなものが多く、その色は伝統的な草木染めによるものです。

上の写真もよく見るとブルーのラインが入っていたり、紫に近いような微妙なニュアンスのグレーが使われていたりと、色使いへのこだわりが見られます。

ただのモノトーンのニットで終わらない。ここが僕自身最も魅力に感じた点です。

コーディネート

ニット:Jamieson’s, パンツ: polo Ralphlauren, ソックス: Mackintosh Philosophy, 靴: Danner

最後にコーディネートの紹介です。


インナーに白シャツ、黒のコーデュロイパンツを合わせて全身モノトーンで合わせてみました。
紹介した通りフェアアイル柄の中にブルーのラインが入っているので、ソックスをブルーにして色を拾っています。

モノトーンはモード感が出る印象が強いですが、フェアアイル柄、ウール、コーデユロイの柔らかい質感とのギャップが面白いです。

Vネックなのでネクタイを締めるとまた違った雰囲気を楽しむことができそうです。

スポンサーリンク

まとめ

Jamieson’sのフェアアイルニットは伝統的なフェアアイル柄を存分に楽しむことができます。

ウールもシェットランドウール100%なので、軽くて暖かい特有の質感を感じることもできます。

インスタグラムでもコーディネートを投稿していますので是非フォローお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました