【どんなパンツでもボタン式サスペンダーを楽しめる】 ALBERT THURSTON/クリップオンボタン

アイテム

こんにちは。今回はサスペンダーボタンが付いていないパンツでも、ボタン式サスペンダーを付けることができるグッズ、クリップオンボタンを紹介します。


今回紹介するものはサスペンダーの名門ALBERT THURSTONさんのものです。

ボタン式サスペンダーはメンズ、レディース問わずおしゃれを楽しめるおすすめアイテムです。
今持っているパンツにボタン式サスペンダーを付けられるこのアイテムはかなり便利だと思います。

サスペンダーの付け方に悩むこともあると思いますがぜひこの記事の内容も参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

クリップオンボタン

こちらが今回紹介するクリップオンボタンです。

クリップオンボタンとはその名の通りクリップにボタンが付いたものです。

クリップとボタンが一体化した、真鍮素材のものです。アンティーク調の加工がされています。

こちらは真鍮素材のゴールドですが、シルバーもあります。

通常、ボタン式サスペンダーを付けるには、パンツにボタンが縫い付けられている必要がありますが、
クリップオンボタンを使えばクリップ式で簡単にボタンを取り外すことができ、手間をかけてボタンを縫い付ける必要がありません。

また、外出先でボタンが外れてしまうという心配もありません。

取り付け方

取り付け方はとても簡単です。

まず、クリップ部分をパンツのサスペンダーボタンを付けたい位置に挟みます。

そして手前側に倒れているクリップのパーツを起こし、固定します。

この時、上からクリップ全体を抑えるようにすると、クリップが浮かずきれいに固定できます。

これで取付完了です。

あとはこれをサスペンダーボタンの数だけ繰り返すだけです。

表から見るとこのようにボタンの形になっています。

実際にサスペンダーを付けてみる

それでは、実際にサスペンダーを付けた時の写真を見てみましょう。

近くから見ると

近くから見てもクリップオンボタンであることはほぼわかりませんね。

むしろ樹脂製のボタンを付けるよりも雰囲気が出てかっこいいかもしれません。

遠くから見ると

遠くから見たバージョンです。

遠くから見ると完全にクリップオンボタンであることはわかりません。

サスペンダーボタンのついているパンツと変わらずに楽しむことができます。

おすすめのボタン式サスペンダーについての記事はこちらのリンクからご覧ください。

まとめ

サスペンダーは手軽に付けることができるクリップ式のものもありますが、少し手間がかかってもボタン式の方がクラシックな雰囲気が出てかっこいいと思います。

しかし、現行の商品ではサスペンダーボタンが付いているパンツは少ないので、お直し屋さんでつけてもらうか自分でつける必要があります。

そのような手間がかからずボタン式サスペンダーを付けられるこのアイテムは持っておいて損がないアイテムかと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました