【British vintage】1960’s イギリスワークジャケット

アイテム

スーツ発祥の地であるイギリスでは軍服や作業着でさえも立体的で美しいパターンが用いられています。

今回紹介するジャケットはイギリスの倉庫で働いていた人々が着用していたジャケットですが、今私服として着用してもカッコよく決まるものとなっています。

スポンサーリンク

1960’s イギリスショップジャケット

こちらが今回紹介するジャケットです。

素材はブラウンとベージュの中間のような色のコットンドリルです。

ワークジャケットといえばブルーのものはよく見かけますが、このような色のものはあまり見たことがありませんでした。

この色味といえばダスターコートなどが思い浮かびます。

すでに着こまれていたようで、柔らかい生地感です。

形はテーラードジャケットとカバーオールの間といったところでしょうか。

3Bのブレザー仕様ですが、ラペルは細く、ポケットはパッチポケットなので、きちっとしすぎていないけどカジュアルすぎるわけでもない印象を受けます。

個人的にこのような雰囲気の服がとても好みです。

背面を見ても、特に気になるような汚れはなく、状態は良好です。

自然と前に振れるようなパターンとなっているアームホールが美しいですね。

ボタンはヴィンテージジャケットといえば、のチェンジボタンです。

様々な種類のあるチェンジボタンはヴィンテージアイテムの魅力の一つですね。

裏側は丸いリングになっています。

チェンジボタンの留め方は様々あるようですが、リングであればニットなどをインナーとしても着用しても引っかかってしまうことはなさそうですね。

タグは切られているように見えますが、残っていた小さなタグに40というサイズ表記がありました。

僕には少し大きいです。

コーディネート

最後に、このジャケットを使ったコーディネートを一つ紹介したいと思います。

ジャケット:イギリスヴィンテージ シャツ:Maragaret Howell パンツ:イギリスヴィンテージ 靴:New Balance

イギリスヴィンテージのジャケットなので、同じくイギリスヴィンテージのパンツを合わせてみました。

ヴィンテージアイテム同士は相性がいいですね。

きれい目にもカジュアルにも合うジャケットだと思いますが、今回はきれい目に合わせてみました。

インナーをシャツ、パンツにセンタープレスの入ったパンツを選ぶと、簡単にきれい目コーデの出来上がりです。

しかし、ジャケットのポケットや生地などのディティールのおかげでキメすぎた印象にはならないかと思います。

スポンサーリンク

まとめ

イギリスヴィンテージのブレザー仕様のワークジャケットは、きれいめにもカジュアルにも合わせられる、汎用性の高いアイテムなので一着持っておくと便利かと思います。

それに、コットン素材のジャケットはインナーや合わせるアイテム次第で3シーズン着ることができ、いろいろな着こなしが楽しめます。

チェンジボタンなど、ヴィンテージアイテムならではのディティールも素晴らしいです。

インスタグラムでもコーディネートを発信していますので良ければそちらもご覧ください。

春コーディネートの記事ではこちらのジャケットを使ったものもありますのでそちらも是非合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました